プロとして何が必要か

実力もさることながら

プロとして活動するためには色々大事なものがあります、実力も然ることながら人気は勿論、そしてある種のカリスマ性に富んでいるのも魅力になるでしょう。プロとはただその道を追求するだけと思わなくもないですが、時としてそうした行いとは反したことをする必要も出てくるものです。実力があれば誰もがプロになれる、とは限りません。プロになれるのは多くいるスケートボーダーの中でも一握りとなっている。またデビューを飾れたからといってその後将来が安泰かどうかなど、先のことなど皆目検討がつかないのも事実だ。

こうした点を踏まえて見ると、やはりボーダーとして活動するためにはどうしても必要なものが沢山出てきてしまいます。では具体的にどんなものが必要なのか、それを少し考えてみよう。

スケーターのプロになりたい方へ

欲しい商品をホームページから見つけて、弊社指定の注文書にURLなどの詳細情報を記載していくだけ! ネットショッピングが当たり前になった世の中で、世界的に有名となりつつあるタオバオ代行.comは初めての人でも簡単に利用できるシステムとなっています。

プロスケートボーダーに不可欠なもの

スポンサーの存在

まず最初にプロとして活動するのに必要なこと、それは意外かもしれませんがスポンサーを見つけることからだ。見つけられるものなのかと思うかもしれませんが、そこはやはり実力で企業に自身を起用すれば、売上アップが期待できるということを宣伝する必要があります。単純に実力を示すのもいいですが、やはり関心を集めやすいコンテストなどに出場して優勝を飾る、というのが段取りとして適当だ。

企業と契約関係になれば、ブランドを宣伝するための広告塔としていくらかの契約金が支給されます。その分だけ宣伝する必要が出てくるものの、契約が打ち切られることなく継続すればそれだけで効果は大きい上、名前を売るという意味でも十分活用できるのです。

スポンサーを見つけるというのも中々露骨かもしれませんが、活動していくために必要な知識や部品を確保するためにもこうした関係は絶対結んでおくに越したことはない。

実力を身につける

しかしスポンサーを見つけるといっても、いくら少し人よりも上手いだけの実力では企業もなびきません。自社製品を最大に宣伝する上で、これ以上ないほどの人材だと思わしめるほどの強烈なインパクトを残せるかどうか、これもかなり重要な点だ。スキルについてもそうだが、それ以上に大事なのはスケーターとしての自身のスタイルを確立させるという、この点が最も重要になってくる。人よりも優れているが、優れている割に模倣的すぎるのも企業にすれば良くない。印象は良くても、何か自社を宣伝できるようなアピールポイントをスケーターとして持っているなら、イメージも含めて行為を持ってくれるところもある。

例えプロになれたとしても

企業との契約に成功し、無事にプロデビューを果たせたとしよう。スポンサー契約を結んで今後の進展も順風満帆、という風に思えなくもないが、ここでも少し段階が用意されている。いくらプロと言っても最初から全力で押し出すわけではありません。プロになってスポンサーである企業を見つけても、最初から好待遇などということはありえないのだ。

ではどういった展開で企業の待遇が変わってくるのかというと、次のようになる。

これらを見てもらえば分かるように、スポンサー企業を見つけても最初は商品提供を無料で出来ることから始まり、少しずつステップアップして最終的にプロフェッショナルを目指す。ここまで到れるのは本当に少ないので、いかにして実力をつけるかが重要な点だ。

スケートボードをはじめるには

大半がプロ以外の活動を

こうした背景から分かるようにプロとして活躍するにしても必ず、何かしらの仕事を同時進行で行っていかなければ生活することが出来ません。スケーターだけの収入で生活するためには、企業との契約がプロフェッショナルへと昇格しなければ出来ないので、大半の人は他に仕事をしながらスケーターとして活動するのが基本と考えられる。

実力だけあっても大成出来るとは限らない、プロのスケートボーダーというのも楽じゃない。

お気に入りのボード