プロスケーターとは

プロとして活動するためには

スケートボードは日本を始めとして世界各地で愛されている。ただ日本よりかはまだアメリカなどの方が寛容な姿勢であることは間違いない。何せアメリカは例え道であろうとスケートボードを加速させたところで、警察にお咎めを貰わないからだ。無論限度はあるものの、基本的にインラインスケートなどを使用しての出勤や登校などが認められているので、アメリカ人のライフスタイルが正直羨ましいと思わなくもない。日本ではまず見ることのない光景だが、電車に乗るなら邪魔だが会社や近場までの距離ならスケートを使用できるならそれに越したことはないでしょう。

そんなボードに関してだが、世界は広くて現在はプロスケートボーダーとして活躍する人もいるほどだ。日本では全くといっていいほど馴染みがないため、現在のところプロとして活躍したい人は、わざわざ渡米するなりして新天地の活動が義務付けられている。風当たりの強い日本では無理だからアメリカでプロになる、そう意気込むのは勝手ですが必ずしも誰もがなれるわけではありません。

ではどうすればプロとして活動できるのか、そもそもプロのスケートボーダーってどうすればなれるのか、そうした点から紐解いていこう。

スケーターのプロになりたい方へ

プロになるためには

プロスケートボーダーとなるための方法は何ですか、そう思う人がほとんどでしょう。そもそも日本国内でプロのスケーターと言われれば、真っ先に思いつくのはフィギュアスケーターと言った方向が殆どのはず。スケートボードのプロ、なんて言われてもどんな仕事をして、どのように生計を立てているか、肝心の知識を知らない人がほとんどのはずです。

ではどうすればプロになれるのかというと、まず一番最初にするべきことはプロとして活動しているスケートボードチームの顔になり、ブランドやチームの評判を集めることから始めます。ここから更に活躍を伸ばしていけば、ネームライセンスばりの活躍が約束されて雑誌などからインタビューを受けることもあります。こうした仕事も勿論大事ですが、それ以上に肝心なのはまずは自分というスケーターがいることを知ってもらうためにも、コンテストに出場して優秀な成績を収めることから始めていかないといけません。

スタート地点としてはまず最初に立つべきラインはこういったところからでしょう。けれどやはりプロという肩書を請け負うのであれば、どんなに良くても2位、もしくは優勝を狙う気で行かなければならないでしょう。そこからチームからのスカウトは掛かってやっと、といったところか。ここから人気を稼いでいき、順当に行けば報酬を受け取るまでに至るといえるのです。

順番として

大まかにプロとなるためにはどうしたら良いのかをまとめてみると、

といったところだ。これが一番妥当な手段と言えるでしょう、中には本当に天性の才能を持っているような、凄腕であればコンテスト等無しで口コミだけで有名になることも別段難しくはないはずだ。現実的な道程ではないため、具体的な対策とはいえないが。

さて、こうした段取りを取るため日本から羽ばたいていくと考えている人もいるでしょうが、そもそも間違っている。日本でプロスケーターとしてスケートボードを考える人はまずいない、それでもプロになりたい場合は早くからアメリカへと拠点を移して、そこで活動していかなければ目など芽吹く可能性すら湧き出てこないのだ。日本人の中にはプロのスケートボーダーとして活動している人はいるものの、世界的に有名な人がいるかと聞かれるとそういった人は残念ながら存在しない。今後出てくる可能性もあるかもしれませんが、今のところかなり難関なのは間違いないでしょう。

稼げるか

そして肝心の収入に関してですが、案の定ほとんどのスケートボーダーがかなり薄給で生活しているとのこと。中には億単位で稼いだことのあるボーダーもいたことがあるらしいが、それこそ伝説のチーム ボーンズ・ブリゲードに所属していたメンバーくらいなものだ。

おまけにアメリカでは保険の加入がとてつもなく難しいこともあって、プロスケートボーダーも加入できずにいる人が多いという話も飛んできている。夢として憧れるのはいいが、道程は断崖絶壁を登るかのように困難を極めそうだ。

スケートボードをはじめるには

中古エアコン情報満載!エアコン 工事 中古エアコンならエアコンのファミリーにおまかせください。
住宅の塗装工事は最後はその工事に携わる人の技術であり、人の心づかいであると思います。

定期的なツアーにも出場する

スケートボードのプロになったら、まずは定期的な普及活動も兼ねたツアーに出場することが義務付けられています。そうして自分という選手がいることをアピールしていかなければ、人気すら獲得できません。そして何より、プロスケーターにとって一番してはいけないのが病気だ。

会社員であれば病気をしてもある程度までなら雇用をいきなり打ち切られるような心配をすることもありません。ですがスケーターの場合、もし怪我などで入院しようものならメディアへの露出が出来ない上に、解雇されるケースも頻繁に耳にする。世知辛くシビアな世界がスケートボードのプロには課せられており、まともに稼ぐことも安定しないというから間違いなく苦労覚悟で最初はなるしかないでしょう。

お気に入りのボード