問題も多くある

否定しない人の中には

筆者個人としてもスケートボードについては否定派ではなく、どちらかと言えば自身に危害がなければ問題無いだろうとさえ考えているほどだ。自分でもそれなりにプレイしていたことはあったが、あまり得意ではなかったため、直ぐにやめてしまったくらいです。だからこそテクニックを披露している人を見ると純粋に旨いと思う、スーパープレイと言われるようなアクションをされると目が食らいつくように離せなくなりますが、残念ながらマナーを守って人に迷惑をかけずにプレイしているスケートボーダーの数は少ないでしょう。

あまりないかと思うが、たまに街を歩いているとこちらを威嚇するかのようにスケートボードで突撃してくる人がいる。こちらは回避しようと動こうとする、それを狙ってわざと反転してこちらを嘲笑というような行いをする人と遭遇したことがあった。そのようなことをされて、正直呆れて物が言えなくなる人が殆どだと思います。挑発的とも言える態度を子供ではなく、それこそいい大人が赤の他人相手に何を煽っているんだと突っ込みたくなったものだ。

いくらストリートファッションの醍醐味だからといっても、こうした悪態をする人が増えれば増えるほどスケートボードに対しての印象が軒並み急落するという事態を、想像できないのかといつも思う。軽んじた行為をすればその人だけでなく、プレイしている人すべてがそう見られるようになってしまいます。結果、怪我する人が多発したり、治安の悪化を懸念したりするような声が集まれば集まるほど、スケートボードの利用はダメだと宣言せざるを得ない事態にまで発展する。

実際、日本でも終日スケートボードの使用を禁じていると明確にしている街もあるからだ。

スケーターのプロになりたい方へ

大山皮膚科が実施しております治療法として、炭酸ガスレーザーを始め、Qスイッチヤグレーザーを始めとした施術を患者様ごとに使い分けています。 シミ治療 皮膚科でもここまで違う対応の仕方、是非実感してみて下さい。

横浜 みなとみらいの場合

実害が出るまでに及んでいるため、実際に終日スケートボードの使用を禁止したのが横浜はみなとみらいだ。御存知の通り、みなとみらいにある公園は非常に見晴らしが良く、海沿いであるため解放感を生み出しているため、休日ともなれば大勢の人が行き交う名所だ。あの赤レンガ倉庫も付近にある公園ともなると、観光客を始めとして人通りの多さは桁違いとなります。そうした中でスケートボードをする人が1人いるだけで、迷惑行為とみなされるのは自明の理だ。

本来ならスケートボードを使用することに対してそこまで厳しく制限を設けていなかったものの、公園内の建造物を破壊されるなどの問題が発生したこともあって、規制せざるを得なくなったのです。つまり、元はそこまでスケボーを極端にやるなという姿勢ではなく、収まらない悪行が連続してしまったがために苦肉の策を市としても取らなければならないまでに至ってしまったのだ。

市は公園内でスケートボードが出来ないよう、様々な工夫を行っている。階段でまたがれないようにわざと切れ込みを入れたり、さらに階段付近には等間隔でコンクリート製のプランターを設置するなど、これだけでも時間や労力を伴う苦労を負っている。出来るならここまでしたくはなかったのかもしれませんが、やはりマナーを守れない人が多すぎたのだろう。自分だけ楽しければ良い、みなとみらいでの一件はそういった人の迷惑を顧みない人が多すぎたが故の結果だと言える。

スケートパークは

どうしてこの付近でスケートボードをする人が増えてしまったのか、その理由は市内のバリアフリー化による弊害だと言われている。道成は平坦でスケートボードをする上では最高の環境になっています。ですが走行すればかなりの速度が出ると共に、騒音も伴ってしまいます。被害例を挙げるだけでも苦情が殺到したため、禁止という決断に踏み切らなくてはならなかったようだ。

こうした対策をするのだからスケートパークの設置は考えているのか、という点が気になる人も多いでしょう。ですが整備された管理区域内では現実味がないため、今のところ開発計画すら上がっていないのが実情だ。

スケートボードをはじめるには

マナーを守るためにも

そもそもスケートボードをする環境は日本では整えられておらず、法律では公道での使用が禁止されているほどだ。今でこそ交通が多い場所に限られていますが、その内苦情が殺到すれば特定の公園内ですらスケートボードをするのを禁じるような、そんな展開になってもおかしくない。

人の目など知ったことではない、プロの競技として認められているんだから関係ない、などと主張する人もいますがそれとこれとは話が別だ。愛しているからこそ人様に迷惑をかけず、適切な形で遊んでこそのマナーではないでしょうか。それが実践できないかぎり、日本でのスケートボードを始めとしたスケーティングに対する風当たりは強まりそうだ。やらない人から理解を示してもらうためにも、まずは徹底したルール順守態勢こそがスケーターにとって必要なのではないでしょうか。

お気に入りのボード

マンツーマンのレッスンでは、講師の質がそのまま英会話レッスンの質、さらには英会話スクール自体の質になります。