どこに魅力があるのか

何が楽しいのか

スケートボードを始めとしたものは日本の公道での使用は認められていない、けれど実際はそうした決まりがあることを知らない人も多いはず。中には条例などから自発的に知ってもらうため、自治体などが協力して張り紙を用意して認知してもらう、なんて手段も取られているほどだ。ただそうした働きも徒労に終わっていることが良くあります、何せスケボー片手に堂々と人通りの多い時間帯に走り回している人が実際かなり多いからだ。週末、用事があったので街まで出かけた際には、人が流れるように多い時間であるにもかかわらず、少し人気が引いた程度で乗る人を見かけたものです。本人的に邪魔にならなければ大丈夫だろう、そういう気持ちなのかもしれませんがそんな願いが届くほど甘くはない。

ただ人から注意されても辞める気はしないと答える人も少なからずいます、どうしてスケートボードにそこまで固執するのかと調べてみると、やはり乗った爽快感がたまらないと語る人が多いようだ。またスケートボードを乗る上で、プロとして活動しているスケーターたちが披露している技が決まった瞬間に快感に近いものを覚えるというのです。

分かる人には分かる気持ちかもしれませんが、プレイしていない人にしたらいまいちピンと来ないかもしれません。さすがにそういった大振りな技を公道などの人が行き交う場所で行うことはないだろうが、一歩間違えば怪我どころで済む話ではなくなってしまうのも確かだ。危ないと言われているのも分かる気がします。

しかしだ、こうしたスケートボードの技に関しては見るだけなら格好いいと思っている人も実際多く、自分もあんなプレイをしてみたいと考えている人も多いようだ。

スケーターのプロになりたい方へ

嬉しい無料3年保証付!また、弊社で対応できない場合はメーカーを手配し、その際に発生した費用は全て当社で負担いたします。トイレ リフォーム 神奈川をご検討中でしたらぜひ三和水道管理までご相談ください。

かなり見られる好意的な感想

スケートボードは見た目からしても、簡単な乗り物ではないことは何となく理解できるでしょう。バランス感覚がよほど優れていなければあっという間に転倒し、怪我を負うことも日常茶飯事だ。危険と隣り合わせな分だけ、身の安全にもしものことも予測できるものの難易度の高い技が決まれば、その爽快感もたまらないと実践する人の多くが語っています。そしてそれを眺めている人も同様に思うところで、実は前向きで純粋に格好いいという意見がかなり広く見られるからだ。

あるアンケートが実施され、スケートボードはどんな時が一番かっこいいかと言う質問に対して見てみる。そこから見えてくるのは、自分には出来ない、出来るかもしれないという憧れが強く反映されている。

どんな瞬間によく思うか

アンケートで提示されたかっこいい瞬間として挙げられたのは、

こういった時に多くの人がスケートボードって良いなぁと思うようだ。やはり大会や映像などで見る分だけ、憧れや尊敬といった念が強く現れ、後々になって自分も同じような技をプレイしてみたいと思う人が多いそうです。中にはゲームの世界でスケートボードがかっこいいと思ったと答えている人もいますが、現実と仮想現実の世界を同一視するのはさすがに問題だろう。基本、ゲームの中で行われるものは、全てプレイヤーが実現できるように操作ができるので、いくらゲームでプロと言ってもリアルにはただのド素人に過ぎません。

ただこうした意見を見るとかっこいいと思う人もいれば、益々悪意を持ちたくなると答える人もいます。

自分が見る分にはいい

好意的な意見が集い、これならばと自分も始めてみようという気持ちになる人もいるでしょう。ある説では男女問わず多くの人がスケートボードを始めているとも言われていますが、それに関しては少しばかり疑問を呈したくなる。確かに意見の中には凄い、かっこいい、そう賞賛する声が多く集まっているものの、ではその一歩先になる自分もやってみようという気持ちになるかはかなり別れるようだ。

あくまで自分ができないことを出来る凄さを観覧するのが良いと、そういう思いから来ているだけなのです。自分も実践するとなったらまた別問題だ。危険なことをしてまでやりたくない、そう思っている人は少なくないでしょう。カッコいいと言われながらもそうした境界線を超えるか否かは、その人がやってみたいかどうかでかなり分かれてきます。

スケートボードをはじめるには

自分がするかどうかは別問題

これらの話題を総括してみると、スケートボードについては好意的に見ている人は多い。けれどスケートボードを自分自身で行うかどうかといった話になれば、その一歩先となる自分がするかどうかという話題になるとそこまでではない、そう答える人が圧倒的に多かった。

つまり、エンターテインメント性として考えればそれなりの効果は期待できるものの、実際のプレイとなったらスタイルなどもあって容認出来ないと考えている人も多いようです。スケートボーダーにすれば世知辛いと、日本はどうしてこんなに厳しいんだと嘆く人も多そうだが、こればかりは決まりとなっているので仕方がないだろう。

お気に入りのボード