マナーは守る

誰もが悩まされる問題

スケートボードをしている人を見ていると、共通しているのが何だかんだでストリートファッション系の服装をしていることだ。今ストリートファッションが流行しているのかと調べてみても、そういった動きがとりわけ活発という程でもない辺り、スケートボードをしている人というのは昔からやっている人がほとんどなのかもしれません。元々技術的な面でも必要になってくるものなので、すぐに手足のように乗り回せるものではないため、いくらか訓練しなければまともに走行することすら叶わないのも特徴だ。

だからこそ乗り回せて技を決められた時の嬉しさも一入なのかもしれませんが、何をするにしてもマナーを守って行動しなければなりません。スケートボードを始めとしたローラーが付いているものは、必然と走行する度にかなりの騒音を発生させる。これには参ったと思っている人も少なくないでしょう。ましてや実害を蒙り、睡眠障害などの病気を起こしている人も何処かにいるかもしれません。それくらい安眠妨害となってしまうスケートボードも、使用する時間などを考えなければダメというルールが定められています。

ですがそうしたマナーを守れず、騒音問題に悩まされている人も声も度々耳にすることがある。

スケーターのプロになりたい方へ

深夜にかけての走行

昼と夜では音の反響が異なるのは知っているだろう、昼間は一般的に誰もが活動している時間だが、夜は遅くなればなるほど寝静まり、辺りには静寂が漂います。深夜に回れば明日のために睡眠をとる人が増えていくが、この時に住宅街などでスケートボードを走らせたらどうなるかというと、一発で何事かと起こすに値する音がけたたましいと言わんばかりに鳴り響きます。大げさではない、それくらい音が反響して壁をすり抜けて人々の安眠を簡単に妨害していくからだ。

実例でもあるが、ある時は丑三つ時を過ぎた頃合いに住宅街でスケートボードで遊んでいる人たちが出現して、近隣住民を夢の中から一本釣りするように現実へと引き戻す原因を作り出してしまいます。こうした被害が出た後にスケートボードを続けていると、通報を受けた警察などから注意を受けるなどする場合もある。これで終わるだろうと住民は考えますが、めげずにとばかりにスケートボードで遊ぶことを辞めなかったという。

結果、何度となく注意しても既に聞く耳持たずとして効果を成さなくなるまで現状悪化するケースもあるというのだ。自宅付近でそのようなことをされたら堪ったものではない、そう感じる人が多いはずです。だからこそスケートボードを遊ぶことが出来るパークなどでの利用が推奨されているが、だからといって騒音問題が解消したかと言ったらそうでもない。

スケートボードをはじめるには

商品ページ内の各種説明項目を、弊社独自のノウハウに従って楽天検索で上位化しやすい内容に最適化します。楽天SEOあなたのサイトも上位を狙いませんか?

騒音問題により閉鎖するところも

全国にはスケートを使用するのが認められているスケートパークと呼ばれる場所もあります。数少ないスケートボードをしていい場所であり、多くのスケーターが訪れる事でも有名な場所も多数あるほどだ。中にはスケートボーダーの聖地とまで言われたところもありますが、そんなスケートパークの一角が閉鎖されるという事態が起こったケースもあります。

問題になったのは山梨にあるスケートパークで、そこでは普段から多くの地元スケーターが交流の場として利用することでも有名だった。昼間は下は小学生、上はプロに近いレベルを持った実力を有している人が集まるなど、賑わいを見せていたもののそこへ投石するように1つの苦情が飛んできます。

とある夜勤勤務者が近場に住んでいて、昼間に轟く度重なる騒音とざわつきにもう堪えられないことから県に対して苦情を出した。その後スケートパークが問題となり、ここは近々閉鎖するという移行を示したのです。ちょっといきなりな事態に対して、流石に横暴すぎるだろうと多くのスケートボーダーたちが抗議するも、そもそもこのスケートパーク事態が河川敷法に抵触した場所だということが後に判明したため、理由的にはそちらのほうが大きかったようだ。

苦情を伝えた一人の行動で明らかになった、パークそのものの問題。結果的に苦情を伝えた人間のせいで閉鎖されたと取る人もいるかもしれませんが、それでも県にしてみればよく調べたら問題だらけだった施設を閉鎖できたことが僥倖だった、そう見えなくもない。

閉鎖取りやめを求めて

唐突すぎる閉鎖決定に、当然地元のスケーターたちは納得ができず、自分たちの言い分も通してもらおうとして署名運動を行いました。その結果、約3,000人近い署名を集めることに成功し、それだけ閉鎖したら影響は免れないと考えられていましたが、あまり意味はなかったようです。

人が沢山集う場所を潰してどうするんだと唱える人もいますが、決定事項なので既にどうすることも出来なかったようだ。

お気に入りのボード