スケートボードの歴史

起源は1940年代までに遡る

スケードボードについて、これまでどのような歴史が積み重ねられてきたのかというと、原点となるのは1940年代が全ての始まりとなる。この頃に制作されたスケードボードは気の板に鉄製の車輪を付けて遊んでいた人がおり、そこから現在のスケートボーダーが生み出されるようになっていくと考えられている。無骨なデザインとも言えなくもないですが、当然日本ではスケートボードなるものはまだ言い伝えられていなかった。

それから1960年代とおよそ20年近い時間を超えて、スケードボードというアイテムは新たな側面へと進化していきます。この頃に制作されていたスケードボードはウィール、車輪の材質がゴムや鉄といった様々なものが用いられていました。また当時スケードボードを愛用していたのはサーファーがオフトレ用として乗り始めたことから、これは大勢の人が楽しむべきものだと自覚するようになったと言われています。この頃からアメリカを始めとした国でスケードボードはサーファーを中心とした人々に一大ブームメントを巻き起こしていった。

この流れから見て分かるように、かつては誰もが当たり前のように遊ぶものではなく、あくまでサーファーが海での訓練以外でトレーニングするための道具として活用されていたのがすべての始まりとなっており、一般的というには少しばかり異色な存在だったのです。

そうして日本にも1970年代にスケードボードが初めて登場し、若者たちはこんな面白い物があるなんて知らなかったとして、原宿などを始めとした若者の街で歩行者天国にてスケボーを乗り回す人が多かったと言われているほどだ。さすがに歩いている人全員がスケボーを乗り回している、なんて異常な光景はないでしょうがやっていた人にしたら懐かしい思い出のはずだ。

スケーターのプロになりたい方へ

当研修所にて使用している日本語教師養成講座用テキストは、すべて独自のオリジナルとなっております。

スケートボードとローラースケート

スケードボードを見ている人の中にはおそらく、あのアイテムを想像する人も少なからずいるのではないでしょうか。実際、その発想はあながち間違えておらず、むしろスケードボードを語る上では絶対に触れておく必要がある話題でもあるのだ。何を指しているのかというと、ローラースケートについてです。

先述で話した1960年代に開発された第一世代型スケードボードが生まれたきっかけを創りだしたのが、それ以前に制作されて人気を博していたローラースケートだったのだ。こちらの起源はもっと古く、1743年となんと中世ほどにまで遡る事が出来るのです。それはそれで凄い話だ、当時はロンドンの演劇道具として開発されていたらしいので、ドンダケ最先端だったんだと言いたくなるくらいだ。

それからヨーロッパを中心として使用されていたものの、およそ1世紀ほど経ってからアメリカへと輸入されて、その後に開発されるスケードボードなどへと普及していくのです。そうして誕生し、アメリカではローラースケートを始めとした、スケートボードなどが人気という牙城を築くまでに至ったのだ。その影響は日本にも及ぼし、この国で初めてローラースケートが登場したのは昭和初期とおよそ130年以上前になっているのです。当時は明治ですから、かなり面妖なものだと人々は大いに驚いたことでしょう。

ただ日本はアメリカなどと違って寛容ではなかった

しかしだ、これら車輪のついた乗り物を使用する行為、スケートボードやローラースケートといったものについて次のように法律で定められています。

『交通の頻繁な道路において球技をし、ローラースケートをし、またはこれらに類する行為をすることを禁ずる』

アメリカでは何処で乗り回してもお咎めを受けることはありませんが、日本でローラースケートを始めとしたものは大抵の行動では一切の使用が認められていないのです。ただそうした規定は爆発的な人気を獲得した後になっているので、かつての時代はそこまで厳しくなかっただろうと予測することも出来ます。

けれどこれらの法律を実際に知識として知っている人がどれほどいるでしょうか。00年代に差し掛かるとローラーシューズが開発されて子供に大人気となった背景も鑑みると、メーカーにしても法律を意識したわけではなさそうだ。ただ実際調べてみると車輪のついた乗り物を乗り回して、衝突したという人も少なからず被害報告が上がっているのだ。そう言う意味では守るべくルールとして念頭に入れておく必要があります。

スケートボードをはじめるには

賃貸物件を専門にプロデュースする「アイズ・プランニング」京都 収益物件なら

専用の遊び場限定で

このように車輪のついた乗り物、スケートボードも含めて一般的な街中や道で乗ること自体が禁止されているため、遊びたい人は専用のローラーパークなどを使用しなくてはいけません。たまにスケートボードで手すりを伝って滑る人を見かけることもありますが、通常あんなプレイをしたら警察にしょっぴかれるのでご注意ください。

何をするにしても、まずは安全第一で人に迷惑をかけないようにする、これをモットーにするのはとても重要な事だ。

お気に入りのボード

賃貸物件を専門にプロデュースする「アイズ・プランニング」京都 収益物件なら

ジャック・ニクラウスという有名なゴルフ場 設計者をご存知ですか? 名門コースとして知られる各コースで、日本とは違ったゴルフライフを過ごせる機会がここにあります。